「みんなで保育協創プロジェクト」の想い

子ども達が生きていくこれからの未来は、
ますます変化と進化に富んだ世界になりつつあります。

それに伴い、子ども達の人生の始まりに長く関わる保育園も、
より大きな役割を求められるようになってきています。

しかしこれまでは、本来は感動に満ちた「保育」という仕事が、
生き生きと長く働ける仕事になっておらず、
保育士が不足し、保育園を運営しづらい状況が続いています。

こうなる原因として、一律にプラスの評価をしにくい保育の特性上、
本当は想いを持って色々なことに取り組んでいても、
プラスの努力が認められ、発信できる機会がありませんでした。

そこで、自ら進んで取り組んでいる保育園が、もっと認められるようにしたい。
そうすることで、内から良くなっていこうとする力を皆で高め合い、
子ども達のために、もっと生き生きとした保育業界にしていきたい。

また、近隣の園の取り組みを知ってお互いに親しみを持ったり、
災害や犯罪があった時に、地域の子ども達をサポート出来る
土壌を作っていきたいと考えています。

また、子育てに関わる企業や行政や研究機関も、
手をとり合って、自分の立場で出来ることを、
一緒に考えていけるようにしていきたい。

そうやって、社会の垣根を越えて、一緒に未来を創る輪を、
皆でこれから作っていきたいと思います。

今日出来ることから、
一緒に始めていきませんか。