JPホールディングスのグループ企業である日本保育サービスさんが、
ソーシャルプロデュースコンソーシアムのみんなで保育環境先進プロジェクトに参加くださいました。

社会の垣根を越えて、より良い保育・子育てを皆で作っていければと思います。



以下、財経新聞の記事抜粋

『 JPホールディングスのグループ企業である日本保育サービスは「みんなで保育環境先進プロジェクト」に参加 』

8月25日に開催された「保育・子育てオープンイノベーション勉強会」の会場を提供

子育て支援最大手のJPホールディングス(東1)のグループ企業である日本保育サービスは、家庭まち創り産学官共創ラボが主催する「みんなで保育環境先進プロジェクト」に参加し、8月25日に開催された「保育・子育てオープンイノベーション勉強会」の会場を提供した。

「みんなで保育環境先進プロジェクト」は、こどもたちのために、もっとイキイキとした保育業界にしていくために、有志の保育園で、保育園運営の取り組みを共有する。また、子育てに関わる企業や行政や研究機関も加わり、立場の違いを越えて出来ることを一緒に考えている。家庭まち創り産学官共創ラボが主催するソーシャルプロデュースコンソーシアムのプロジェクトとして、保育・子育てに関わる約60法人が参加し、こどもたちのために想いを持って取り組んでいる。

「保育・子育てオープンイノベーション勉強会」では、保育業界の課題を、業種を超えて共有することで解決策を考えることを目的としたイベントで、「子どもから見た子どもの世界」「働きたい人が集まる保育園の人材マネジメント」「外遊びだけじゃない森のようちえん、という子育て支援」といった保育士不足などの課題解決に取り組む運営事例を紹介した。イベントには、保育事業者をはじめ、大学や自治体等の幅広い業種から55名が参加し、活発な意見交換が行われた。

(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)