キャリアアップ研修について

お問い合わせ

キャリアアップ行政研修

Career Upキャリアアップ行政研修

厚労省 キャリアアップ研修ガイドライン準拠 保育士等キャリアアップ研修

  • 副主任保育士
  • 中核リーダー
  • 職務分野別リーダー
  • 若手リーダー

2017年より実施されている施設型給付における技能・経験に応じた処遇改善加算(処遇改善等加算Ⅱ)の
要件であるキャリアアップ研修ですが、より保育士の専門性をより高めていくため2023年から対象者の受講が必須となります。

Reasons家庭ラボが選ばれる理由

  • icon全国どこからでもオンライン受講
  • icon予約の変更も自由キャンセル待ちも可
  • icon一流講師によるオリジナルテキスト

Networks家庭ラボの実績

保育士等キャリアアップ研修の
行政認定取得・事業受託実績

  • 東京都ロゴ
  • 神奈川県ロゴ
  • 大阪府ロゴ
  • 福岡県ロゴ
  • 北海道ロゴ

Message 受講者の方へメッセージ

汐見先生

汐見先生からの
応援メッセージ

汐見稔幸(東京大学 名誉教授/白梅学園大学 名誉学長/日本保育学会 会長/全国保育士養成協議会 会長)

汐見稔幸東京大学 名誉教授/白梅学園大学 名誉学長/日本保育学会 会長/全国保育士養成協議会 会長

保育士キャリアアップ研修は、各分野15時間という長い研修を受けることで、
一発勝負的な研修とは異なり、実際に受講者の保育に対する姿勢が確実に変わることを狙ったものです。

特に「保育を改めて楽しい、深い」と思えるようになることが期待されています。
そのためには、現場の機微をよく知っている、それでいて保育の実践現場で悩んでいる人・ことに共感的な研究者が、講師になることが肝要です。

家庭ラボの講師陣は、この趣旨がよく分かった私が信頼している人が多く、
その点で家庭ラボのキャリアアップ行政研修には期待するところ大です。

参加者の皆さまは、受け身ではなく、ここだけはぜひ深めたいという姿勢で参加して頂けたらと思います。

KATEILABO

家庭ラボのキャリアアップ
行政研修にかける想い

研修会チーム一同

家庭ラボは、省庁向けの保育分野等の政策検討会から発足し、産学官連携のコンソーシアムとして設立。

全国の保育士・保育事業者・行政・大学・企業が垣根を越えて手を取り合い、様々な角度から保育の社会課題解決に取り組んでいます。

家庭ラボのキャリアアップ研修では、ボランティアの方も加わりながら、想いを込めて、1ページ1ページ手間をかけて自前のテキストや映像を作成。
全国の保育士さんが安価に質の高い研修を受講出来るよう、日々地道な改善に取り組んでいます。

子ども達一人ひとりのために、保育士さんが明日の保育に活かせるような場であり続けたいと思います。

Meritキャリアアップ研修で得られること

給与アップ、昇給の機会に

多くの企業において給料アップのために欠かせないキャリアアップですが、保育士はその機会を得にくく、職場に対する要望として最も多く挙げられているのが「給料の改善」です。

研修を受けることで、国が設置した新たな役職に若手や中堅保育士がキャリアアップでき、昇給の機会を得られるようになりました。

merit01

保育士としての専門知識を身につけられる

保育士としての専門知識を
身につけられる

保育現場においては園長、主任保育士といった管理職の元で、初任後から中堅までの職員が多様な課題への対応や若手指導を行うリーダー的な役割を与えられて職務にあたっています。
こうしたリーダーたちが改めて専門知識を学び直すことで、自信を持って現場に活かすことができ、園全体の専門性も高めることができます。

merit02

修了要件

保育士等キャリアアップ研修は、
保育士等の処遇改善と
専門性の向上を目的として
厚生労働省に定められた研修です

副主任保育士・専門リーダー・職務分野別リーダーとして就任するために今後受講が必須となることが決まっています。
受講できる人は保育士だけでなく、調理員・栄養士、看護師、事務職員など様々な職種の方が対象です。保育現場の多様な課題への対応、他職種との協動等に必要な資質の向上のためにも、保育士以外の職員も施設で求められる職務や役割に応じて積極的な受講が重要とされています。

各役職に就任するためには、8つの専門研修のうち必要となるものを修了しなければなりません。どの役職も自身の専門性だけでなく、他の保育士等へ助言や指導ができる力や実践力も必要とされており、1分野に付き15時間以上の受講が修了要件とされています。

役職 修了要件 適用開始時期 完全実施年度
副主任保育士・中核リーダー等 4分野(60時間以上) 令和5年度から段階的に 令和8年度
職務分野別リーダー・若手リーダー 担当する1分野 (15時間以上) 令和6年度から 令和6年度

Feature家庭ラボの特徴

image

01

会場・オンラインから選べる!
全国から好きな時期に受講可能

会場・オンラインから
選べる!全国から好きな
時期に受講可能

今年度からついにeラーニングとライブ配信を合わせたオンライン研修もスタート!
関東最大規模、年間80回以上という開催数で、シフトや業務の都合などに合わせて好きな時期に受講できます。スキマ時間を使って少しずつ受講することも可能になり、自分に合ったスタイルで無理なく研修に参加することができます。また、オンラインにより、全国どこからでもご参加可能です。

image

02

いつでも手軽に申込み・変更可能
キャンセル待ちシステムも有り

いつでも手軽に
申込み・変更可能
キャンセル待ちシステム
も有り

忙しい保育士さんがなるべく負担なくスムーズに受講できるよう、PC・スマホ・LINEからいつでも手軽にお申込みやキャンセル・変更ができるようになりました。受講確定した研修の確認も携帯からできるので、受講証の郵送受取り確認なども不要です。
定員締切の講座もキャンセル待ちが可能です。空き枠通知もメールで届くので、忙しい中でも無駄なく受講計画を立てられます。

image

03

テキスト購入費用なし!
一流の講師陣による充実した研修内容

テキスト購入費用なし!
一流の講師陣による充実
した研修内容

研修において最も大切なことは、学んだことがしっかり業務に活かされていくことです。
家庭ラボのキャリアアップ研修は、経験豊かな素晴らしい講師の先生方によるオリジナルテキストを使って実施するため、テキスト代の負担はありません。
これからの保育を担う中核人材となるミドルリーダーの先生方が、現場で活躍されるよう質の高い研修を目指しています。

  • teacher

    大阪総合保育大学瀧川教授

  • teacher

    大阪教育大学小崎教授

  • teacher

    お茶の水女子大学宮里教授

  • teacher

    子育てひろば
    全国連絡協議会奥山理事長

  • teacher

    東京大学野澤准教授

image

04

隙間時間でも学びやすく、
継続しやすい学習カリキュラム

隙間時間でも学びやすく、
継続しやすい
学習カリキュラム

eラーニングは5分~の少ない時間でも受講可能。 自分のペースで学びを進めていくことができます。また昨年度の研修アンケートでは、グループワークで他の先生と交流できたことが深い学びとなったという感想が非常に多く寄せられました。
会場・オンラインどちらも研修においても、講義形式で受動的に聴くだけでなくグループワークやディスカッションなど先生同士交流しながら主体的に参加できる充実したカリキュラムとなっています。
また、複数の大手保育事業者とも提携し、より良いカリキュラムや運営方法を検討しながら運営しています。

Course研修内容

乳児保育イメージ画像

児保育

乳児保育に関する理解を深め、適切な環境を構成し、個々の子どもの発達の状態に応じた保育を行う力を養い、他の保育士等に乳児保育に関する適切な助言及び指導ができるよう、実践的な能力を身に付ける。

time学習時間:15時間

こんな方におすすめ

  • 初めてリーダー担当になられた先生
  • 一人ひとりとじっくり遊び込みたい先生
  • 子どもの様子を的確に捉えた記録を学びたい先生

詳しく見る

アイコン講座内容
第1章
乳児保育の意義
・乳児保育の役割と機能
・乳児保育の現状と課題
第2章
乳児保育の環境
・乳児保育における安全な環境
・乳児保育における個々の発達を促す生活と遊びの環境
・他職種との協働
第3章
乳児への適切な関わり
・乳児保育における配慮事項
・乳児保育における保育者の関わり
・乳児保育における生活習慣の援助や関わり
第4章
乳児の発達に応じた保育内容
・保育所保育指針について
・乳児の発達と保育内容
・1歳以上3歳未満児の発達と保育内容
第5章
乳児保育の指導計画、記録及び評価
・全体的な計画に基づく指導計画の作成
・観察を通しての記録及び評価
・評価の理解及び取組
アイコン講師
  • 瀧川光治先生
  • 大阪総合保育大学 教授
  • 永井久美子先生
  • 神戸女子短期大学 准教授
  • 藤本奈津美先生
  • こどもの王国保育園西池袋園 園長
幼児教育イメージ画像

児教育

幼児教育に関する理解を深め、適切な環境を構成し、個々の子どもの発達の状態に応じた幼児教育を行う力を養い、他の保育士等に幼児教育に関する適切な助言及び指導ができるよう、実践的な能力を身に付ける。

time学習時間:15時間

こんな方におすすめ

  • 3歳以上児を初めて担当する先生
  • 集団での遊びや環境設定を学びたい先生
  • 小学校へ繋げていく子どもの発達や学びの連続性を学びたい先生

詳しく見る

アイコン講座内容
第1章
幼児教育の意義
・幼児教育の役割と機能
・幼児教育の現状と課題
・幼児教育と児童福祉の関連性
第2章
幼児教育の環境
・幼児期にふさわしい生活
・遊びを通しての総合的な指導
・一人一人の発達の特性に応じた指導
・他職種との協働
第3章
幼児の発達に応じた保育内容
・保育所保育指針について
・資質と能力を育むための保育内容
・個々の子どもの発達の状況に応じた幼児教育
第4章
幼児教育の指導計画、記録及び評価
・全体的な計画に基づく指導計画の作成
・観察を通しての記録及び評価
・評価の理解及び取組
第5章
小学校との接続
・小学校教育との接続
・アプローチカリキュラムとスタートカリキュラムの理解
・保育所児童保育要録
アイコン講師
  • 宮里暁美先生
  • お茶の水女子大学人間発達教育科学研究所 教授
  • 野澤祥子先生
  • 東京大学発達保育実践政策学センター 准教授
  • 天野美和子先生
  • 東京大学発達保育実践政策学センター 特任助教
  • 宮田まり子先生
  • 白梅学園大学こども学部 講師
  • 田島大輔先生
  • 東和洋女子大学 助教
  • 青木一永先生
  • 社会福祉法人檸檬会副理事長
障害児保育イメージ画像

害児保育

障害児保育に関する理解を深め、適切な障害児保育を計画し、個々の子どもの発達の状態に応じた障害児保育を行う力を養い、他の保育士等に障害児保育に関する適切な助言及び指導ができるよう、実践的な能力を身に付ける。

time学習時間:15時間

こんな方におすすめ

  • 気になるお子さんがいらっしゃる先生
  • 他の子どもとの関わりに課題を感じる先生
  • 保育における合理的配慮を学びたい先生

詳しく見る

アイコン講座内容
第1章
障害の理解
・障害のある子どもの理解
・医療的ケア児の理解
・合理的配慮に関する理解
・障害児保育に関する現状と課題
第2章
障害児保育の環境
・障害児保育における個々の発達を促す生活と遊びの環境
・障害のある子どもと保育者との関わり
・障害のある子どもと他の子どもとの関わり
・他職種との協働
第3章
障害児の発達の援助
・障害のある子どもの発達と援助
第4章
家庭及び関係機関との連携
・保護者や家族に対する理解と支援
・地域の専門機関等との連携及び個別の支援計画の作成
・小学校等との連携
第5章
障害児保育の指導計画、記録及び評価
・全体的な計画に基づく指導計画の作成と観察・記録
・個別指導計画作成の留意点
・障害児保育の評価
アイコン講師
  • 田島大輔先生
  • 和洋女子大学 助教
幼児教育イメージ画像

育・アレルギー対応

・食育に関する理解を深め、適切に食育計画の作成と活用ができる力を養う。

・アレルギー対応に関する理解を深め、適切にアレルギー対応を行うことができる力を養う。

・他の保育士等に食育・アレルギー対応に関する適切な助言及び指導ができるよう、実践的な能力を身に付ける。

time学習時間:15時間

こんな方におすすめ

  • 食を通じた保護者支援に課題を感じている先生
  • 食育活動を充実させたい先生
  • アレルギーや衛生管理の正しい知識を学びたい先生

詳しく見る

アイコン講座内容
第1章
栄養に関する基礎知識
・栄養の基本的概念と栄養素の種類と機能
・食事摂取基準と献立作成・調理の基本
・衛生管理の理解と対応
第2章
食育計画の作成と活用
・食育の理解と計画及び評価
・食育のための環境(他職種との協働等)
・食生活指導及び食を通した保護者への支援
・第三次食育推進基本計画
第3章
アレルギー疾患の理解
・アレルギー疾患の理解
・食物アレルギーのある子どもへの対応
第4章
保育所における食事の提供ガイドライン
・保育所における食事の提供ガイドラインの理解
・食事の提供における質の向上
第5章
保育所におけるアレルギー対応ガイドライン
・保育所におけるアレルギー対応ガイドラインの理解
・アナフィラキシーショック(エピペンの使用方法を含む。)の理解と対応
アイコン講師
  • 川口由美子 先生
  • 一般社団法人母子栄養協会 代表理事
  • 村田由美子先生
  • 株式会社アソシエインターナショナル 管理栄養士
幼児教育イメージ画像

健衛生・安全対策

保健衛生に関する理解を深め、適切に保健計画の作成と活用ができる力を養う。安全対策に関する理解を深め、適切な対策を講じることができる力を養う。
他の保育士等に保健衛生・安全対策に関する適切な助言及び指導ができるよう、実践的な能力を身に付ける。

time学習時間:15時間

こんな方におすすめ

  • 怪我や感染症など体調不良の子どもへの正しい対応を学びたい先生
  • 乳幼児への救命救急法を学び直したい先生
  • 地震や台風など防災時の対応スキルをアップしたい先生

詳しく見る

アイコン講座内容
第1章
保健計画の作成と活用
・子どもの発育・発達の理解と保健計画の作成
・保健活動の記録と評価
・個別的な配慮を必要とする子どもへの対応(慢性疾患等)
第2章
事故防止及び健康安全管理
・事故防止及び健康安全管理に関する組織的取組
・体調不良や傷害が発生した場合の対応
・救急処置及び救急蘇生法の習得
・災害への備えと危機管理
・他職種との協働
第3章
保育所における感染症対策ガイドライン
・保育所における感染症対策ガイドラインの理解
・保育所における感染症の対策と登園時の対応
第4章
保育の場において血液を介して感染する病気を防止するためのガイドライン
・保育の場において血液を介して感染する病気を防止するためのガイドラインの理解
・保育所における血液を介して感染する感染症の対策と対応
第5章
教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドライン
・教育・保育施設等における事故防止及び事故発生時の対応のためのガイドラインの理解
・安全な環境づくりと安全の確認方法
アイコン講師
  • 伊澤昭治先生
  • 社会福祉法人湘南杉の子福祉会五反田保育園 園長
  • 伊東和雄先生
  • 有限会社マスターワークス 代表
  • 今田義夫先生
  • 日本赤十字社医療センター附属乳児院 顧問
  • 藤井祐子先生
  • 一般社団法人全国保育園保健師看護師連絡会 会長
  • 梅崎あき先生
  • 四天王寺大学教育学部 非常勤講師
幼児教育イメージ画像

護者支援・子育て支援

保護者支援・子育て支援に関する理解を深め、適切な支援を行うことができる力を養い、他の保育士等に保護者支援・子育て支援に関する適切な助言及び指導ができるよう、実践的な能力を身に付ける。

time学習時間:15時間

こんな方におすすめ

  • 保護者対応を理論的に学びたい先生
  • 保育園だけでなく地域を巻き込んだ支援を考える先生
  • 気になる家庭への対応に悩んでいる先生

詳しく見る

アイコン講座内容
第1章
保護者支援・子育て支援の意義
・保護者支援・子育て支援の役割と機能
・保護者支援・子育て支援の現状と課題
・保育所の特性を活かした支援
保護者の養育力の向上につながる支援
第2章
保護者に対する相談援助
・保護者に対する相談援助の方法と技術
・保護者に対する相談援助の計画、記録及び評価
第3章
地域における子育て支援
・社会資源
・地域の子育て家庭への支援
・保護者支援における面接技法
第4章
虐待予防
・虐待の予防と対応等
・虐待の事例分析
第5章
関係機関との連携、地域資源の活用
・保護者支援・子育て支援における専門職及び関係機関との連携
・保護者支援・子育て支援における地域資源の活用
・「子どもの貧困」に関する対応
アイコン講師
  • 小崎恭弘先生
  • 国立大阪教育大学 教授
  • 奥山千鶴子先生
  • NPO法人子育てひろば全国連絡協議会 理事長
  • 杉山喜美恵先生
  • 東海学院大学短期大学部 教授
  • 岡田妙子先生
  • NPO法人バディチーム 代表
  • 田島大輔先生
  • 和洋女子大学 助教
  • 堀聡子先生
  • 東京福祉大学短期大学部 講師
  • 河合清美先生
  • NPO法人こども発達実践協議会 代表理事
マネジメントイメージ画像

ネジメント

主任保育士の下でミドルリーダーの役割を担う立場に求められる役割と知識を理解し、自園の円滑な運営と保育の質を高めるために必要なマネジメント・リーダーシップの能力を身に付ける。

time学習時間:15時間

こんな方におすすめ

  • 働きやすい職場づくりを学びたい先生
  • ミドルリーダーの役割を学びたい先生
  • はじめてミドルリーダーになられた先生

詳しく見る

アイコン講座内容
第1章
マネジメントの理解
・組織マネジメントの理解
・保育所におけるマネジメントの現状と課題
・関係法令、制度及び保育指針等についての理解
・他専門機関との連携・協働
第2章
リーダーシップ
・保育所におけるリーダーシップの理解
・職員への助言・指導
・他職種との協働
第3章
組織目標の設定
・組織における課題の抽出及び解決策の検討
・組織目標の設定と進捗管理
第4章
人材育成
・職員の資質向上
・施設内研修の考え方と実践
・保育実習への対応
第5章
働きやすい環境づくり
・雇用管理
・ICTの活用
・職員のメンタルヘルス対策
アイコン講師
  • 橳島隼人先生
  • NPO法人あかぎの森のようちえん 理事長
  • 内山恵介先生
  •  株式会社アソシエインターナショナル 代表取締役

Voice受講者の声

マネジメント

子どもがやらされているではなく「こうしてみたい!」「やってみたい!」という気持ちを私たちが引き出していくこと、子どもの資質・能力を育てるということを今後の課題として頑張りたいと思います。
とても有意義な2日間となりました。ありがとうございます。

職務分野別リーダー(東京都/Sさん)

幼児教育

講師の先生の研修内容がとても分かりやすく、自園の先生たちにも聞いてもらいたいことが多かったです。ラボの研修をお勧めしたいです。

専門リーダー(東京都/Kさん)

幼児教育

自分自身がクラスでやってみたいと思っていた活動を受講を通してより具体的に考えることができました。

(東京都/Sさん)

幼児教育

研修中に見せていただいた他園の環境構成や指導の工夫にたくさんの驚きと気付きがありました。今後の関わりは、ねらいをより明確化して一人ひとりの成長に必要な援助をしていきたいです。講師の先生の飾らない語り口に引き込まれ、長い時間の座学の研修がとても楽しく、実り多いものとなった。有難うございました。

(東京都/Oさん)

マネジメント

悩みや質問に丁寧にご回答していただき、ありがとうございます。今後の保育や職員の教育、コミュニケーションの取り方に活かしていきたいと思います。

副主任保育士(千葉県/Uさん)

マネジメント

マネジメントという言葉に馴染も無かったので、分からない人向けに噛み砕いて話してくださったので、理解する事ができた部分がたくさんありました。ありがとうございました。

専門リーダー(東京都/Iさん)

保健衛生・安全対策

動画視聴で何度も自分が理解するまで視聴する事が出来るのは講習会で話を聞くだけでは理解出来ない時もあるので大変良かったと思います!

(東京都/Kさん)

Data受講者の実績

保育士等キャリアアップ研修にご参加いただいたみなさまから、率直なご意見をいただきました。

Q.研修を受講してみて、
どの点が活かせたと感じていますか?

円グラフ

Q.受講後、具体的にどのような変化がありましたか

  • 他の園の様子を聞いて、気になっていたことを園で話し共有することができた。
  • 得た知識を職員会議で共有し、園全体のスキルアップにつながった。
  • 環境構成の資料を新クラスの環境つくりの参考にした。
  • すぐに現場に下ろせる知識は職員同士でシェアし実践した(例:保健・衛生上の環境改善、子どものケガの対応など)
  • 講義の内容を園内研修に生かしたり、得た知識を園長と相談の上で、園全体に共有した。
  • キャリアップにつながった(給料や役職が上がったなど)
  • 障害児保育を学びクラスにいる園児のかかわりについて、話し合いをして後輩の役に立つことができた。
  • クラス担任兼任の保育全体の加配担当になった。

Q.何の分野を受講されましたか?

棒グラフ

Flowお申し込み方法

icon

01

会員登録

会員登録ボタンから登録をしてください。登録するとID/パスワードが発行されマイページが見られるようになります。

icon

02

ご希望の講座を選択

カレンダーから希望の日時の講座を選択します。満席時はキャンセル待ちもできます。

icon

03

予約完了

変更やキャンセルはマイページから自由に変更できます。

Seminar研修一覧

会場

幼児教育

田島大輔 先生

日時

2022/10/01 (土)~2022/10/02 (日)

申込む

会場

幼児教育

田島大輔 先生

日時

2022/10/01 (土)~2022/10/02 (日)

申込む

オンライン

乳児保育

永井久美子 先生

日時

2022/10/12 (水)

申込む

オンライン

乳児保育

永井久美子 先生

日時

2022/10/12 (水)

申込む

オンライン

乳児保育

永井久美子 先生

日時

2022/10/12 (水)

申込む

オンライン

乳児保育

永井久美子 先生

日時

2022/10/12 (水)

申込む

Q&Aよくある質問

講座について

受講料はかかりますか?
東京都が規定する受講料免除対象の方は無料です。
東京都の研修を受講する免除対象外の方
:3,000円(テキスト代込)
その他自治体の研修を受講される方
:5,000円(テキスト代込)
修了証はもらえますか?
15時間を全て受講の上、修了レポートとアンケートをご提出が確認でき家庭ラボが修了と認める方に、修了証を交付いたします。
修了証及びその修了証番号は、施設型給付における処遇改善等加算Ⅱの申請等に必要となります。大切に保管してください。

予約システムについて

研修申込はどのようにすればいいですか?
会員登録後、研修一覧よりお申込手続きへと進みます。
『申込む』ボタンが表示されているものが、現在受付中の研修です。
講座をキャンセルしたいです
ログインをしてマイページより予約変更やキャンセル、当日の欠席連絡が可能です。
YOYAKUWEBからのメールが届きません
迷惑メールボックスや、なりすましメール拒否の設定など、キャリアやメールの設定をご確認ください。お急ぎの場合にはマイページの『お知らせ一覧>あなたへのメッセージ一覧』にメールと同じ文面が届いておりますので、内容をご確認頂けます。
同じアドレスで登録できない
会員登録時にご入力された個人情報より修了証を発行しております。同じ園や法人でも受講者ごとに会員登録をお願いします。法人連携をいただきますと、スムーズな受講管理も可能です。詳しくはお問合せください。
メールアドレス/パスワードわからない
【メールアドレスについて】
ご本人確認の上、お伝えしております。大変御手数ではございますが、家庭ラボ研修会チーム03-3414-5211(平日10:00~17:00)へお問合せください。

【パスワードについて】
パスワードは安全性の観点から、ラボでは保管しておりません。大変お手数ではございますが、こちらからパスワード再設定をお願い致します。パスワード再設定後は、再度ログイン画面にて認証を行っております。
キャンセル待ちをしていて、空き枠メール来たのに満員と表示された
空き枠通知メールはキャンセル待ちの方へ一斉に自動送信されています。多くの方がキャンセル待ちされているためすぐ枠が埋まり、再度満員表示となることもございます。メール確認後はなるべく早めのお申込みをお勧めいたします。

研修に
申込む

Contact

お問い合わせはこちら

Page Top